戒名が3万円の理由

戒名って高いですよね。30万円から100万円、それ以上ということも多いです。
そうなると「戒名って本当に必要なの?」と思ってしまいます。

「金額じゃなくて、気持ちだ」とは思っても、ふとした時には「やっぱりいるのかな」と思い返してみたり。

戒名は、ないよりはあった方がいいんでしょうね。たぶん。
でも、費用が高くて1歩が踏み出せないという場合には、院号でも3万円で授けていただけるお寺がいいのかもしれません。

本寿院さんのページはこちらから


戒名料がこんなに安いのはなぜ?

本寿院さんでは、最初は「無料」で戒名を授けておられたそうです。
でも、無料だとかえって困ってしまうという声があって、目安として3万円を設定されました。

すると、「何か罠があるのでは?」「あとで何か請求されるのでは?」という意見や批判が寄せられたそうです。
でも、ここでは依頼される方に真摯に向き合っておられて、お礼のメッセージもたくさん寄せられています。

ホームページをご覧になって、お寺が出しておられるメッセージや、お礼の声を確かめてみるといいかもしれませんね。

「戒名は高い?安い?」という本を出版されたり、NHK学園や読売文化センターといったカルチャースクールなどでも戒名講座を開いておられます。

なぜ戒名料が3万円なの?

戒名料が3万円の理由。それは次の2つの点です。

1つ目の理由として、宗派の枠組みにとらわれていないからです。
宗派にこだわるとその教団を支えることになって、高くなる傾向があるでしょう。
(こちらは、天台宗系の単立のお寺です)

2つ目の理由として、こちらのお寺は檀家制度をとっておられないからです。
一般的なお寺は、地域の檀家さんに支えられてお寺が運営されています。戒名の布施もお寺が決めたものではなく、お寺を護持するために檀家総代さんを中心として決められている場合があります。

戒名はいる?いらない? アンケート結果

「戒名はいる?いらない?」とアンケートを取ると、半分以上の方が、「戒名は要らない」と答えられるそうです。

では、なぜ要らないのでしょう?と聞くと「お金がかかるから」が圧倒的に多く、次は「戒名の意味がわからない」です。

こんな方は考えてみられてもいいかも

・戒名もなく、俗名のまま葬儀をした方
・数年前に亡くなった両親はまだ戒名が授かっていない。
・親の終活
・残されたものに迷惑をかけたくない
・自分の終活
・新しい名前で生きなおす仏教の知恵

亡くなってからだけでなく若い方が生前に授かるケースもたくさんあります。

もともと戒名とは、仏門に入った証しで、戒律を守るしるしとして与えられる名前のことですから、亡くなった方だけのものではないわけですね。

本来は、戒名は死者の名前ではなく、生きているうちに授かるべきものだそうです。

また、北海道から九州まで、全国各地から依頼が寄せられています。



本寿院さんで戒名が授けていただける重要な条件

お金以上に、本寿院さんで戒名が授けられる大事な条件があります。

それは、「菩提寺がないこと」です。

菩提寺がある場合は、お断りされています。
檀家になっておられる場合は、菩提寺とよくお話し合いが必要になります。
そうしないと菩提寺さんから拒否され、お墓に納骨できない場合があります。

(お寺の境内墓地ではなく、宗派を問わない公園墓地であれば問題ないでしょう)

本寿院さんのページはこちらから